主目的を理解して臨む


今日全国各地の数々の保険代理店が、保険見直しサービスを積極的に展開している1番の目的は当然、自代理店経由での新規契約者の獲得に他なりません。当然保険見直し作業から、各代理店がお薦めの加入プラン、すなわち設計書が提示されますが、この場で即決から提案された通りに加入内容を修正する必要はありません。あくまで参考資料として一旦持ち帰り、落ち着いて家族間で十分に再検討の上、再度契約に足を運ぶ慎重さが求められます。
保険を見直そう
当日の担当者は勿論この分野のプロフェッショナルですが、みなさんとは当然初対面から、限られた時間内で皆さんから届けられる資料と情報だけを手掛かりに、いわゆる「一般的」「無難」なプランを提示する流れとなります。帰宅後に重要な伝達内容が欠落していた、あるいは代理店内で聞かされた内容を繰り返し自問自答する中、新たな希望や疑問が芽生えても不思議ではありません。

あるいは保険見直し作業の結果、現在の付保内容がベストとの結論から、特に手を加える必要が無いとの結論でタイムアップする展開も珍しくありません。ここで「保険料が安くならなかったから話が違う」的な損得勘定に走ってはなりません。。保険見直しに臨むに際しては、正しい主目的を理解から見据えた上で臨んでください。