主目的を理解して臨む

今日全国各地の数々の保険代理店が、保険見直しサービスを積極的に展開している1番の目的は当然、自代理店経由での新規契約者の獲得に他なりません。当然保険見直し作業から、各代理店がお薦めの加入プラン、すなわち設計書が提示されますが、この場で即決から提案された通りに加入内容を修正する必要はありません。あくまで参考資料として一旦持ち帰り、落ち着いて家族間で十分に再検討の上、再度契約に足を運ぶ慎重さが求められます。
保険を見直そう
当日の担当者は勿論この分野のプロフェッショナルですが、みなさんとは当然初対面から、限られた時間内で皆さんから届けられる資料と情報だけを手掛かりに、いわゆる「一般的」「無難」なプランを提示する流れとなります。帰宅後に重要な伝達内容が欠落していた、あるいは代理店内で聞かされた内容を繰り返し自問自答する中、新たな希望や疑問が芽生えても不思議ではありません。

あるいは保険見直し作業の結果、現在の付保内容がベストとの結論から、特に手を加える必要が無いとの結論でタイムアップする展開も珍しくありません。ここで「保険料が安くならなかったから話が違う」的な損得勘定に走ってはなりません。。保険見直しに臨むに際しては、正しい主目的を理解から見据えた上で臨んでください。

未来に備える姿勢を

保険見直しに際し、多くの相談者に見られる共通点として、その時点すなわちリアルタイムにベストな加入状況への修正に拘ってしまい、担当者に希望や情報を伝えてしまう傾向が挙げられますが、これは「半分だけ正解」と言わざるを得ません。現実問題として何らかのライフプランの変化が生じる度、契約内容の微調整を重ねる事は困難です。契約上不可能ではありませんが、作業に要する時間と労力を思えば、近未来を視野に入れ、この先数年単位で想定される、ライフプランに於けるイベントを見据えての修正がベストです。

ですがここで注意すべきポイントとして、例えば「来年になれば金銭的に余裕が出る予定だから、この際現時点から保険金額を小さくして保険料を節約しよう」的な考えに及んではならない点が見過ごせません。保険はあくまで万一に備える「まとまった金額の現金を確保するお守り」であり、前倒し的に保証を小さくする行為は危険です

同時に保険見直しから現在契約中の保険を解約するに際しても、先に見直し後に見据えたプランに基づく契約状況を確保の上,その後で一部カットあるいは解約の順番を徹底してください。無保険状態に万一が生じてしまっては取り返しがつきません。

当日準備すべきもの

保険について当日までに、必ず準備すべきアイテムとして真っ先に挙げられるのは、現在加入中の保険契約お詳細が確かめられる保険証券です。仮に手元に見当たらず紛失の可能性があれば、早急に契約先の保険会社に連絡から、再発行の手続きをとってください。ご本人確認が出来れば速やかに対応してもらえますが、再発行実は一定の日数を要しますので、これを教訓に大切に保管する習慣を徹底してください。

その他荷物にならなければ、もしかすれば参考になるかと判断された書類などを持参されても、基本邪魔になる事はありません。プロの担当者が自分達が安易に目を通すべきではないと判断されれば、その場で丁寧に説明が届けられますので、臆せず一旦委ねられても大丈夫です。

その他ツール以外では、自分達が保険の見直しを通じて確実に得たいメリットを明確に見据え、質疑応答時に尋ねられると予想される質問内容を想定から、自分なりの答えを準備される姿勢も大切です。こうした事前のシミュレーション作業を通じ、自身の保険に対する意識が確実にプラスの方向に高まる効果も見過ごせません。保険見直し作業は現状から未来に向け、よりフィットした付保内容への調整作業のみならず、契約者の正しい理解を深める意味でも重要な作業です。

生命保険見直しの意味

保険見直しの必要性への理解が広まり深まる一方、義理絡みで募集人が提示した契約内容で契約から、保険料が毎月口座振替され続けるばかりの方など、いわゆる「入っているから大丈夫」的な感覚の方々もまた、潜在的に大勢おられると推察されます。あるいは保健見直しの大きなメリットとして紹介される、保険料を安くする効果が結果的に十分得られなかった結果を理由に、見直し作業そのものを「無意味」と捉える声が、ネット上の口コミや噂話的に発信されているのも事実の一端です。

私達は年齢を重ねるに連れ、当然万一に備えるべきポイントも変わり続けます。子供が児童から学生、そして社会人となり独立する過程を例に挙げれば、各々の場面で「どのような事態」に対し「どれだけの保険金が必要か」という見極めが当然求められ、各々が大きく異なっていて当然です。このシンプルな事実をスルーから、契約時のままの契約内容をただ維持しているだけでは、万一の際に大変困窮する事態が避けられずして当然です。

保険の見直しサービスの目的の1つが、自店の新たな顧客すなわち契約者獲得であるのは紛れも無い事実です。ですが既存の保険契約を修正する以上、代理店と来店者間に十分な信頼関係の構築が欠かせず、単なる保険料の軽減だけを魅力に挙げての作業は「見直し」とは違います。以下、生命保険の無料見直しサービスを活用するに際し、何を主目的と捉えて臨むべきなのか、事前にどのような準備が求められるのかなど、原点に視点を合わせたお話をお届けします。